亀はペット火葬で人と同じように弔えます

ペットも人も同じく弔ってあげましょう。 ペットも人も同じく弔ってあげましょう。

安心してペットを見送るために

遺影

もし、ペットの亀が寿命で亡くなった場合、ペット火葬で弔ってあげましょう。ここでは、そんなペット火葬を行うメリットを実際に利用した人たちの声をもとに紹介していきます。

ペット火葬を利用してよかった

弔ってくれるので安心できる(40代/男性)

火葬して埋葬したらそれでお終いというわけではなく、人と同じように定期的に供養をしてくれるのが嬉しいです。長年連れ添ったペットだったので思い入れが強く、こうやって人と同じように扱ってくれるだけでペット火葬をして良かったなと思いました。

埋葬場所に悩む必要がない(30代/女性)

マンション住まいで庭がないため、埋葬場所に悩んでいました。ネットで調べたら、亀もペット火葬で供養してくれる上に埋葬もできるようでしたので、もっと早くに調べておけば良かったなと思いました。近くの池に水葬するべきかと真剣に悩んでいたのでとてもありがたかったです。

まとめこのように、正しい弔いをしてくれるというのと、埋葬場所の心配がないというのがペット火葬のメリットです。長年連れ添ったペットをきちんと弔いたいのであれば、是非とも依頼しましょう。

ペットの亀が亡くなったら~ペット火葬の種類~

ペットの亀が亡くなった場合、自宅で埋葬を考える人は多いです。しかし、ペット火葬を行い、きちんと供養して埋葬することをおすすめします。ここでは、そんなペット火葬の種類を紹介していきます。

ペット火葬の種類

合同火葬
安価で依頼する方法に合同火葬があります。こちらは他のペットと一緒に火葬する弔い方であり、供養を一任する火葬方法です。最も手間がかからない供養方法です。しかし、遺骨が他のペットと混ざるので遺骨の返還は行われず、火葬の立会いも行えません。
一任個別火葬
これは葬儀会社に依頼し、個別でペット火葬を行ってもらう方法です。立ち会うことはできませんが遺骨は返還してもらえます。仕事で忙しく、立ち会っている時間がない時などはこの方法で行うことになります。
立会い個別火葬
こちらは実際に立会い、遺骨も骨壷に入れる作業も行えるペット火葬です。基本的に人の葬儀とほぼ同じ形式であり、大事な家族を弔う時はこの立会個別火葬を行うことが多いです。亡くなる前に最後のお別れを告げることができるのもポイントです。
移動火葬車
ペット葬儀を行う場所が遠く、遺体を運ぶ方法がない時は移動火葬車を使い、出張葬儀を行うことができます。自宅にも出張してくれる他、火葬車でのペット火葬は無煙で無臭なので近所に迷惑がかかることもありません。そのため、近年では利用者が増えています。

亀の火葬や埋葬について

埋葬だけすることもできますか?
できます。霊園に埋葬だけしたいという旨を告げれば埋葬することができますし、供養もできます。また、いつでもお参りできるので安心して申し込みましょう。
火葬にはどのくらいの時間がかかりますか?
亀のサイズによって多少変わります。小型の場合なら30分ほどで終わりますが、10キロ前後の大型亀の場合2時間半ほどかかります。
亀の相場の火葬料金を教えてください
瓶のサイズと方法によって変動します。小型の亀の場合、個別で立会を行う場合は17,000円ほどで合同の場合は1万円前後ですが、大型の場合は個別が3万円以上で、合同でも2万円ほどかかります。

このように、火葬の種類や値段の相場など、ペット葬儀には様々な違いがあります。よって、正しい供養方法を覚えておきましょう。

TOPボタン