亀が亡くなった時~ペット火葬までの間にできること~

ペットも人も同じく弔ってあげましょう。 ペットも人も同じく弔ってあげましょう。

飼っている亀が亡くなったら~ペット火葬までの安置方法~

笑顔の女性

ここでは、ペットの亀が亡くなった時にするべきこととペット火葬を行うまでの間に亀の亡骸の安置方法を紹介していきます。亡くなった時は錯乱することも多いですが、やるべきことをきちんと知っておくことで心を落ち着かせ、やらなければならないこともすぐに理解できます。

ペット火葬までにやっておくべきこと

安置する

亡くなった場合、亡骸は死後硬直を起こし、固くなります。そのため、死後硬直を起こす前に手足を胸の方に優しく折り曲げ、丸まって眠るように安置しましょう。また、亡骸は仮の棺として何か箱に安置しましょう。その時内部にタオルや保冷剤を敷くと腐敗を遅らせることができます。

身体を綺麗にしてあげる

亡骸をタオルで拭い、汚れを拭き取りましょう。特に甲羅は汚れが溜まりやすいので念入りに洗い、亡骸を綺麗な状態にしておくのは重要です。そして亡骸にはタオルを被せてあげましょう。

別れの準備をする

葬儀会社に連絡し、ペット火葬を行うまでは家でお別れの準備をすることになります。この時、仮の棺の中には生前好きだったものを入れたり、線香をたいて物価を備えたりするのも供養になります。ペット火葬を行うまでの間にお別れを済ませておきましょう。

亀の場合、前述した死後硬直はすぐに始まるため、早急な対処が必要になります。もし、一人暮らしではなく家族と一緒にお住まいの場合は役割分担を行いましょう。一人が葬儀会社に連絡・予約を行い、他の一人が亡骸の安置を行えば、よりスムーズにペット火葬までの準備を終わらせることができます。

ドライアイスを使用する際の注意点

ペットの安置にドライアイスを設置するのは保冷剤を使用するよりも冷凍力があるため、亡骸の状態を保存しやすくなります。しかし、ドライアイスは取扱に注意が必要です。まず、凍傷を起こす可能性があるので絶対に素手で触らないようにし、使用する場合は窓を開けて通気性を良くしておきましょう。なぜなら、密閉した状態で使用すると酸欠を起こす可能性があるからです。

TOPボタン